• 京料理お店紹介
  • 京都マップ
  • 京野菜の紹介
  • 家庭で京料理レシピ
  • 京都の歳時記、行事案内
HOME > 京都の歳時記・行事案内 > 水無月(6月)

水無月(6月)

夏越しの祓

夏越しの祓は、1月~6月の半年間の罪の汚れを祓い、 残り半年を無事に送れるよう神に祈る、奈良時代から行われている行事です。 人形(ひとがた)を作って神殿に納めたり、大きな「茅の輪」をくぐると 厄除・悪疫退散になると伝えられ、京の多くの神社で行われます。 神社の多い"京の夏の風物詩"のひとつです。

下鴨神社

祭りは平安王朝時代の古式のままに「宮中の儀」「路頭の儀」「社頭の儀」の三つからなります。 現在は路頭の儀と社頭の儀がおこなわれており、内裏神殿の御簾をはじめ、御所車、勅使、供奉者 の衣冠、牛馬にいたるまで、全てを葵の葉で飾られています。

上賀茂神社

「風そよぐ ならの小川の夕暮れは みそぎぞ夏の しるしなりける」 (百人一首・藤原家隆) 午前10時より半年間の罪穢れを祓い清めるため、 茅の輪をくぐる水無月大祓式が行われます 午後8時より境内を流れるならの小川で人形(ひとがた)流しがあります。

貴船祭
貴船神社

全国に約500社もある貴船神社の総本宮の祭は、新緑の中を練る神輿と谷間に響き渡るお囃子の調べに、訪れた人々を魅了します。

信長まつり
本能寺

信長ゆかりの寺「本能寺」で恒例の信長まつりが開催されます。文化芸術展、信長公忌法要などがあります。

祇園放生会
祇園 白川・巽橋

生き物への感謝の意を込め、放生会が行われ、巽橋の上から舞妓さんも参加して2000匹の鯉の稚魚が白川に放流されます。

神苑の無料公開
平安神宮

平安京造営で知られる桓武天皇を祀る平安神宮では、神苑の約2000株の花菖蒲が見頃です。梅雨晴れの1日、楽しみな人気の行事です。

田植祭
伏見稲荷大社

汗衫姿の神楽女が優雅な御田舞を奉納したのち、1年の豊作を祈る田植神事が雅楽の流れる中行われます。

あじさい祭
藤森神社

梅雨の頃の境内はあじさいで埋まります。「あじさい祭」では献茶・神楽の奉納が行われ、けまり奉納の日もあります。

桔梗特別公開
東福寺塔頭 天得院

びっしりと杉苔に覆われた枯山水の庭に紫や白、八重の桔梗が凛と咲く様子がなんとも美しいです。ライトアップもあります。

竹伐り会式
鞍馬寺

長さ4mもある青竹を大蛇になぞらえ、竹を弁慶被りの法師が山刀で一気に切り落とし一年の豊凶を占う京都有数の古い行事です。

※写真撮影・協力・監修:山中茂

ページトップへ

おいしい京料理ドットコムのホームページは全国中央会より「平成22年度中小企業活路開拓調査・実現化事業(組合等Web構築支援事業)」の 助成を受けて制作しました。