• 京料理お店紹介
  • 京都マップ
  • 京野菜の紹介
  • 家庭で京料理レシピ
  • 京都の歳時記、行事案内

皐月(5月)

葵祭(あおいまつり)

葵祭は、下鴨神社と上賀茂神社の例祭で、「葵祭」の名で知られますが、正式名称は賀茂祭。 日本三勅祭(賀茂祭、石清水祭、春日祭)のひとつで、神前に葵を献じ、参列する人や車、 社殿や家々を葵の葉で飾ります。中世、「まつり」といえば、賀茂祭をさしました。

下鴨神社

祭りは平安王朝時代の古式のままに「宮中の儀」「路頭の儀」「社頭の儀」の三つからなります。 現在は路頭の儀と社頭の儀がおこなわれており、内裏神殿の御簾をはじめ、御所車、勅使、供奉者 の衣冠、牛馬にいたるまで、全てを葵の葉で飾られています。

上賀茂神社

行列は京都御所を出発します。そして王朝風の優雅な列が市中を練り、下鴨神社を経て、上賀茂神社へ向います。 各神社に到着すると、勅使の御祭文の奉読につづき東遊の舞が奉納され、社頭の儀がとり行われます。 源氏物語・葵の巻に、いまをときめく葵の上と源氏に冷遇された六条御息所の、見物場所をめぐる争いがあったように、昔から見物は大変だったようです。 日よけ対策・水分補給をご準備の上、お出かけください。

藤森祭
藤森神社

駈馬(かけうま)神事や時代行列、神楽奉納などが行われ、 呼びものの境内の馬場で行われる駈馬神事はスリルも迫力も満点!

鴨川をどり
先斗町歌舞練場

花街の芸舞妓の公演は明治5年初演の歴史があり、今年の演目「桜の苑」「道中双六」は、豪華絢爛な舞台で人々を魅了します。

鴨川納涼床 床びらき
鴨川西岸 二条~五条

夏の兆しが感じられる五月。鴨の河原(鴨川)の水辺には"京の夏の風物詩‐納涼床"が早くも始まります。

流鏑馬神事
下鴨神社

葵祭の前儀で、祭の露払いとして、古くから行われて来た神事、馬を馳せながら鏑を射ます。

競馬会神事
上賀茂神社

寛治7年(1093年)に宮中で行われていたものを、神社に奉納されて以来続いている神事です。

斎王代女人列御禊神事
下鴨神社

葵祭の前儀祭に奉仕する斎王代以下女人列に参加する約40名のみそぎ祓の儀が行われます。

御蔭祭
下鴨神社

葵祭に先駆けて、神霊を下鴨神社に迎える為の神事。下鴨神社の糺の森で行われる「東游」の舞楽はたおやかな趣きのある舞です。

三船祭
車折神社・嵐山

新緑の嵐山・大堰川(おおいがわ)において優雅に繰り広げられる平安王朝を偲ぶ舟遊び絵巻。

※写真撮影・協力・監修:山中茂

ページトップへ

おいしい京料理ドットコムのホームページは全国中央会より「平成22年度中小企業活路開拓調査・実現化事業(組合等Web構築支援事業)」の 助成を受けて制作しました。